C'est trop mignon! てづくり日和

ハンドメイドだいすきな私が、興味のあることや、お気に入りの食べ物、グッズなどを紹介していきたいと思っています!

ふじのくに茶の都ミュージアムで ななやのパフェ

GWの帰省時に、ふじのくに茶の都ミュージアムに行きました。

tea-museum.jp

抹茶挽き体験や、茶道体験ができ、庭園もきれいだし、ショップでは「ななや」のジェラートのパフェも食べられます!

 

ななやのジェラートだけで食べることはできず、全てパフェ仕様になっていますが…

f:id:chocolat12:20180520231909j:plain

ジェラート自体は、抹茶1から7までの濃さを選べます。もちろん一番濃い7番は、ななやと同様100円プラスです。

正直、私は6と7の違いがそこまで分からなかったので、この日は2と6にしました!あずきがかかっているのがすごくいいですね。やっぱり抹茶と小豆の組み合わせは最高です!ジェラート屋さんでも、小豆だけプラスとかできたらいいのに(笑)

 

せっかくなので、茶室では、お抹茶を自分で点てていただきました。

f:id:chocolat12:20180520231537j:plain

体験中はお抹茶の写真を撮りそびれましたが…(>_<)

お茶菓子の写真だけ(笑)この青もみじの和菓子、とっても美味しかったです♪

 

そして、抹茶挽き体験もしてみました。石臼でぐるぐる挽き続けること10分くらいでしょうか?結構長く感じましたが、これでほんの1人前というので、手で挽くのは大変だなと思いました(^_^;)

抹茶挽き体験|ふじのくに茶の都ミュージアム 静岡県にあるお茶のミュージアム 茶の体験、展示、日本庭園、イベント情報をお届け!!

 

東京に帰って自分でも抹茶を点ててみましたが、抹茶碗という気の利いたものがうちにはないことに気づいて、仕方なしにプロヴァンスで買ったカフェオレボウルで代用(-_-;)

f:id:chocolat12:20180520231859j:plain

そのうち、抹茶碗買わなくちゃな。

 

お抹茶に、抹茶ジェラート、そして帰りに市内のお茶屋さんでいろいろ新茶を試飲させていただいたりと、すごくカフェイン取り過ぎな一日でしたが、静岡のお茶の美味しさを再認識しました!

 

どっぷりつかっていない、にわか静岡人(小中高の12年間を静岡で過ごしました)ですが、やっぱりお茶は断然、静岡茶~!と思ってしまいますね。とても美味しいですよ。

 

フレンチトーストをブランチに。

小麦アレルギーでパンは週1回しか食べられないので、食べられるときはとにかくだいすきなものを。週末の朝にパンを食べることが多いです。

近所の美味しいパン屋さんで買ったバゲットを、たっぷりの卵液にかなり長い時間浸して、バターで焼いて、メープルシロップをかけたフレンチトーストです。

f:id:chocolat12:20180517233704j:plain

合わせるお茶は、お気に入り、HRヒギンズの「DUKE STREET」をミルクティーで。幸せだなあ。

 

…まあもちろん、毎日パンが食べられたらもっと幸せなんですけどね。

食べられなかった数年よりもずいぶん楽しめてるから、よしとしないとです!

 

 

めったに食べられない、ベルナシオンのケーキをいただけるチャンス。

あいかわらず、結構前の話ばかりですみませんが…4/11~16に伊勢丹のフランス展で、ベルナシオンのケーキが販売されました。

 

ベルナシオン〉 のチョコレートケーキを味わう、ラッキーな6日間。

www.isetanguide.com

 

ベルナシオンのショコラは何度か食べたことがありましたが、ケーキを食べるのは初めて!

 

ルーズベルト

f:id:chocolat12:20180513223802j:plain

しっかりしたショコラのムースに、フイヤンティーヌのサクサクした食感が楽しいです。

上にのったショコラのロールもまた違った食感が味わえて、美味しいケーキです。

 

クレベール

f:id:chocolat12:20180513223805j:plain

上のグラッサージュの美しいクレベールは、なめらかなムースの濃厚さと、しっとりしたショコラのビスキュイ生地の相性の良さが際立ちます。

ルーズベルトのムースとは全く違ったムースの食感がまたいいですね。

 

ベルナシオンのケーキが日本で食べられるなんて、本当に幸せですね。無事に買えてよかったです~♪

また食べられるのはいつでしょうね。その日を楽しみに待とうと思います!

 

 

今年のGWは盛りだくさん! 初めてのスカイツリー展望台

GWに、こどもの頃からのつきあいのアメリカ人お兄ちゃん(彼が大学生の頃に、うちの実家にホームステイに来た)が、現在の香港転勤から6月にアメリカに戻ることになったので、帰国前に家族で日本に来ることになり、妹の家に大集合~。

 

お兄ちゃん一家4人、うちの両親、妹一家4名、私たち夫婦のなんと総勢12人が集まりました!
お兄ちゃん一家に会うのは、うちの妹の結婚式以来!なんと8年ぶり?お兄ちゃんのおこちゃま二人が、当時は今の姪っ子・甥っ子の年でしたが、もう13歳と10歳になっていてびっくり~!

時が過ぎるのは本当に早いですね。

 

妹の家のあとは東京にも1泊して、都内を観光しました。
東京には何度も何度も来ているので、今まで行ったことのないところに行くのがいいよね、ということになりました。

それで、せっかくなので、私たちも毎日下から見上げているスカイツリーですが、今回初めて登ってみることに!

 

やっぱりすごい景色ですね。たった50秒でこの景色に到達します。

f:id:chocolat12:20180506015211j:plain

この日は天気が良かったけれど、霞んでいたので、富士山は見えず!残念!

f:id:chocolat12:20180506015218j:plain

f:id:chocolat12:20180506015223j:plain

f:id:chocolat12:20180506015232j:plain

 

f:id:chocolat12:20180506015241j:plain

 

f:id:chocolat12:20180506015249j:plain

こんな景色の中でも、ちっちゃーく見えている自分たちのマンションや、だんなの実家などを見つけてテンション上がりました。

 

 

展望台には、足元がスケルトンになっている場所があります!!!

f:id:chocolat12:20180506015300j:plain

すごい高さです!

 

そして、この日、一番驚いたことが…

この高層の展望台を、外側からゴンドラで清掃している方々が!!!!!

f:id:chocolat12:20180506020358j:plain

うそでしょ?本当にびっくりしました。

このゴンドラの登場に、中の観光客は驚いてみんな写真撮ってました。一番のヒーローって感じでしたね。

 

命綱をもちろんつけているのだろうけれど、この高さですよ。こんなに怖い仕事って他にないんじゃないかなあ…。しかもこのあと、ゴンドラからスカイツリー側の足場に乗り移ってガラスを拭いていました。

 

 

景色をたっぷり堪能し、展望台を後にしました。見ごたえたっぷりでした。

でもなかなかのお値段なので、頻繁には上れませんね(笑)

いつか、夜景は見てみたいなあ!

 

www.tokyo-skytree.jp

 

これできっと最後…オ・グルニエ・ドールのケーキ

4月中旬、滋賀に行く用事があったので、前のりして京都へ。
となると絶対に行かなくてはいけないのはここ!

 

オ・グルニエ・ドールです。

f:id:chocolat12:20180430145801j:plain

少し前に林檎のタルトを購入したので、記憶にある方も多いかと思いますが、あの絶品ケーキです。

chocolat12.hatenablog.com

5月末にシェフがご卒業されるので、このお店の商品が買えるのもあとわずか。

そのこともあって、オープン前から行列します。分かっていたのでオープン前30分から並びました。

イートインする人は少な目だったのであっさり問題なく通されましたが、15人目くらいだった私のときにも、なんとすでに売り切れるケーキ続出!

 

シェフのスペシャリテ、ピラミッドは、事前に予約しておきました。

f:id:chocolat12:20180430150053j:plain

絶品です。ショコラの濃厚さが素晴らしい。そしてこの美しいフォルムが素晴らしい。

絶対食べたかったので、イートインできてひと安心!

当然ながら私の順番のときにはもう品切れで買えない状況でしたので、本当によかったです。

 

日向夏

f:id:chocolat12:20180430150109j:plain

こちらは初めて食べました。さわやかでとっても美味しかったです!ピラミッドと日向夏だと、濃厚&さわやかで全く違う味わいだったので、相性もばっちりです。

他にもたっくさん食べたいケーキがあったけれど…一人ですし、1回では2個がいいところですよね(>_<)

 

持ち帰りのリンツアートルテは、ホテルで食べ、まともな写真が撮れる状況ではなかったので、残念ながら写真なしです(^_^;)これまたとっても美味しかった!

 

そして、配送でいくつかタルトを頼もうと思っていたら、私が受け取りたい日だと、お店がお休みの日の発送になってしまうので、その前の日の冷凍出荷しかできないということで、それができるのは冷凍のリンゴのタルトのみ。木の実のタルトも頼みたかったなあ。

りんごのタルトは、1台は妹の家に行くときのお土産、そして1台は自宅用にと2台配送でオーダーしました。

これが最後のりんごのタルトかなあ…さみしい限りです。冷凍で配送されたので、家に届いた分はそのまま切り分けてまた冷凍しました。なのでしばらくは楽しめますが。

ああ…シェフのこの味がもうたべられないだなんて、本当に残念。

 

イートインの際、お化粧室は2階になるのですが、上がって行ったら、何と!どうやらサロンでインタビューを受けていらっしゃる様子のシェフが!!!

 

入っていいのか分からずまごついていると、シェフが扉を開けてくださって。思わず興奮して「シェフ!」と口走ってしまった私に、「はい?」と答えてくださったので、

「シェフのファンで、以前伺ったときに一緒に写真を撮っていただきました!シェフのお菓子がだいすきです!」とお伝えすることができました。

「そうですか!ぜひ今日もゆっくりしていってくださいね。」といつものお優しい笑顔でおっしゃってくださり、まさかこの日にお目にかかれるとは思わなかったので本当にうれしかったです。

最後の訪問でしたが、こんな素敵な思い出ができました。強行スケジュールでもやっぱり行ってみて本当によかった!

 

ああ…また食べたいなあ。他のタルト、5月末までにまた注文しちゃうかなあ?りんごのタルトがホール分冷凍されているので悩みますね(笑)

 

「世界から猫が消えたなら」を観た。

先日、WOWOWで録画したままになっていた、「世界から猫が消えたなら」を観ました。

f:id:chocolat12:20180427003534j:plain

何の情報もなく観たのですが、穏やかなテイストも良かったし、佐藤健くんがすっごく良かったです。

「世界は愛であふれてた。」

その言葉をかみしめるような映画でした。

 

あとで知ったのですが、映画の説明としては「脳腫瘍の診断を受け、余命わずかと知らされた郵便配達員の青年。彼の前に悪魔が現われ、命を延ばすための条件を突き付けてくるが……。」ってことだったみたいですね(笑)

内容を全く知らずに観るのも、先入観にとらわれなくて、なかなかいいものです。

 

川村元気さんによる初の小説の映画化なんですよね。川村元気さんという人をほとんど知らないのですが、彼のプロデュースした映画、意識してなかったけど結構観てました、私。
モテキ」や「バクマン。」は結構好きですし。そういえば、バクマン。佐藤健くんですね。

 

まあ、原作は読んでいないので分かりませんが、映画の方はとても心が暖かくなる内容でした。

猫がかわいくてたまらなかったです。

そして、佐藤健くん、朝ドラでもいい感じです。

ましゃ目当てで見た「龍馬伝」に出ていた頃からかなり気になる存在で、ちょこちょこドラマなど観てましたが、さらにお気に入り俳優となりました。

これからは、いろいろ追っかけて観ちゃいそうです!

 

この映画、キャストがみんないいです。

宮崎あおいはもちろんのこと、濱田岳もよかったし、両親役の奥田瑛二原田美枝子もとてもいい雰囲気でした。

機会があったらぜひ観てみてください!

 

 

たっぷり熟成させたリボンツイードのジャケット(笑)

以前このワンピースを縫ったときに、あまりに気に入ったので大量購入していたリボンツイードの生地。

f:id:chocolat12:20180426233249j:plain

すっごく気に入ったので、めっちゃいっぱい買っちゃってるんですよね…(-_-;)

f:id:chocolat12:20180426232924j:plain

それで長いことほったらかしになってましたが、やっとジャケット縫いました!

f:id:chocolat12:20180426232722j:plain

今まで縫った柄物のワンピースに合わせたくて、白のノーカラージャケットにしました。

 

普段私が使っているのはJUKIの職業用ミシンで、直線縫いしかないので、ボタンホールは毎度ホールかがり屋さんに行かなくてはいけないのが非常に大変だったのですが、先日ボタンホールを縫うためだけに、JUKIのHZL-G100Bという家庭用ミシンを思い切って導入したので、早速使ってみよう!と、うきうき試し縫いしてみたら…

 

このツイート生地が、ボタンホール用の穴かがり押さえに引っかかって、全然ミシンが進みません(>_<)それで撃沈して、ボタンホールを残すだけの状態になってから、1か月ぐらい熟成させてしまいました。

 

どうしよう~、と泣きそうになりましたが、上下にトレーシングペーパーを挟んで、生地に引っかからないようにして何度も何度も試し縫いして、ボタンサイズも予定より小さいものにして、なんとかホールが縫えました!

f:id:chocolat12:20180426232718j:plain

どうなることかと思いましたが。

いやー、無事に完成してよかったです。

 

それにしても、もともと縫っていた同じ生地のワンピに着せてみたら、ワンピがタイトだったのでセレモニースーツ感満載過ぎてて…合わせて着ることはなさそうです(笑)

 

まだこの生地残っているので(どんだけ買ったんだ!)、タックのスカートとか縫って合わせようかな。っていっても、それは相当先になりそうな予感ですが。

 

Asako Iwayanagiのケーキ

3月にまたAsako Iwayanagiに行ったので、ケーキを購入。春らしいケーキがたくさんありました。

 

峠・桜モンブラン

f:id:chocolat12:20180426225303j:plain

モンブランに苺とよもぎ葛が入っています。桜の塩漬けがのっていて、春らしいですね。イチゴのあまずっぱさとモンブランの甘さのバランスが絶妙です。いつもの峠モンブランも美味しいのですが、こちらの方が好きかも!

 

ピスタルージュ

f:id:chocolat12:20180426225310j:plain

タイベリーのムースにピスタチオのクレーム。タルト生地にベリーを焼きこんだムースタルト。

ベリーがたくさんのっていて美味しいです。

 

ヘーゼルナッツのキャラメルタルト マスカルポーネ添え

f:id:chocolat12:20180426225319j:plain

ヘーゼルナッツたっぷりでカリカリ、そしてタルトのサクサク感たっぷりで、すごく食感がいいです。

 

あいかわらず、美しいフォルムにうっとりしますね。美味しかったです♪

ル・ショコラ・アラン・デュカスが日本橋に!

ル・ショコラ・アラン・デュカスが2018年3月に日本橋に東京工房をオープンしました。

すごく行きやすい場所にオープンしてくれてうれしい!


というわけで、4月上旬にサロンに行ってみました♪
すぐに席に着くことができて、ひと安心。あとから聞いたのですが、オープン当初は相当並んだらしいです。しかもたまたま私が行った時間が空いていただけだったようで、食べ終わる頃には満席になっていました。

 

ムース・オ・ショコラ

f:id:chocolat12:20180422094804j:image

薄く削られたショコラが山もりにのったムースです。この薄いショコラの食感がまたとても良かった!

 

ショコラをかき分けると、濃厚なムースが!

f:id:chocolat12:20180422094810j:image

ふわっと軽い口当たりが素晴らしい!濃厚だけれど、軽いので全くしつこくなく、あっという間に食べ終わってしまいました!

 

そして食べ終わったら今度はショップへ。店員さんが一人ついてくれて、全ての商品をしっかり説明してくれます。聞けば聞くほどどれも買いたくなってしまい、大変です(笑)

 

ラボの広さが衝撃的でした。
日本橋にこんなに広い工房を構えるとは…さすがアラン・デュカス。
しかも外から丸見えで、あそこでお仕事するのはとっても気を遣いそうです。

 

こんなに行きやすい場所に作ってくれて、本当にうれしい!いつでも買える!…って言っても、なかなかのお値段なので、行き過ぎ注意ですが(笑)

 

ルコントの50周年記念缶がとてもかわいい♪

3月上旬に日本橋三越のルコントの前を通りかかったら、ルコントの50周年の記念館が発売されていました!

f:id:chocolat12:20180416235201j:plain

なにこれ~!めちゃめちゃかわいいんですけど♪

もうひとつ、絵の違う黄色い缶も買いましたが、写真撮るの忘れています(^_^;)

こちらのリンク↓に写真がありますが、どちらの缶もとってもかわいいです!

www.a-lecomte.com

 

ホワイトデー前だったので、期間限定の焼き菓子がありました!せっかくなのでそちらの商品を詰めました!

 

クランベリーフィナンシェ

f:id:chocolat12:20180416235231j:plain

クランベリー入りのハート型フィナンシエです。

 

こちらは、ケークショコラです。

f:id:chocolat12:20180416235237j:plain

期間限定のケークショコラの「カットサイズ」です。普段はホールしかないのでカットで買えるのはうれしい!

 

ルコントといえば、日本ではじめてのフランス菓子専門店として有名ですよね。

50年前は日本には本格的なフランス菓子店がなかったんですねえ。今は驚くほどたくさんのフランス菓子店がひしめきあってますが。

 

ここのクラシックなお菓子がだいすきです。