C'est trop mignon! てづくり日和

ハンドメイドだいすきな私が、興味のあることや、お気に入りの食べ物、グッズなどを紹介していきたいと思っています!

尾山台に行ったら、パティスリィ アサコ イワヤナギにも♪

尾山台に用事で行くときには、必ずオーボンヴュータンに行きますが…

chocolat12.hatenablog.com

あわせてついついハシゴしてしまうのが、「パティスリィ アサコ イワヤナギ」です。


2015年12月にオープンしたお店ですが、当時は、尾山台にケーキ屋さんってなかなかチャレンジャーだな(尾山台=オーボンヴュータンの図式がある場所だけに)と思ったものです。

 

ここは、ケーキも美味しいのですが、何といってもパフェが魅力的。10月下旬に訪問した時にはこちらを。

 

パルフェビジュー レザン 〜ピスタチオジェラートとともに〜』

f:id:chocolat12:20171115231114j:plain

シャインマスカットがたくさん入っています。ぶどうのシャーベットと、ピスタチオのジェラートがとても美味しいです♪

山梨県産シャインマスカット、ピオーネなどの葡萄をフレッシュ、ソルベ、葛ジュレ、ソース等で贅沢に、ピスタチオジェラート、クレームエペスとともにお楽しみ頂けます。数量限定で10月末まで。

 

そして、11月になって訪問した時には、

パルフェビジュー ポワール

f:id:chocolat12:20171115232044j:plain

 

洋梨とチョコレートが主役のパルフェ
洋梨をフレッシュ、ソルベ、ブランマンジェ、ジュレ、白ワイン煮などでチョコレート、チョコレートジェラート、ブルーベリーソースとともにお楽しみ下さい。

 

洋梨とショコラの組み合わせ、すばらしいですね。

洋梨のソルベにチョコレートのジェラートがすごくおいしいのですが、中に入っているショコラのフイユティーヌのカリカリした食感がまた絶妙です。

私は前回のぶどうのパフェよりも、こちらの洋梨のパフェの方がもっと好きです!フレッシュな洋梨のほか、ソルベ、ブランマンジェ、ジュレ、白ワイン煮とたくさんの味で洋梨が展開されて、食べ進むごとに違う印象の洋梨が楽しめます。

 

この写真を友達に送ったら、ぜひ行きたい!とのことなので、来月は尾山台には用事がないものの、ケーキのために尾山台に行くことになりました(笑)

 

尾山台、凄過ぎるな~。

 

また来月のオーボンヴュータンからのアサコイワヤナギ訪問が楽しみです!

 

米粉のスコーン、また焼きました。

簡単なので、またまた米粉のスコーン焼きました。

f:id:chocolat12:20171112211005j:plain

イディリオのチョコチップを入れました。いろいろな味のスコーンを焼きますが、おいしいチョコチップを使ったスコーンが一番お気に入りです。

 

以前から何度かアップしていますが、満足度の高い焼き菓子が作れるようになった製菓用の米粉「ミズホチカラ」の登場により、米粉のお菓子がとても気軽に作れるようになりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【cuoca】熊本県産米(ミズホチカラ)製菓用米粉 / 1kg
価格:700円(税込、送料別) (2017/9/2時点)

ホットケーキもスコーンも、まるで小麦粉で作っているかのようなふんわり感に仕上がるんですよね。

昔、米粉のお菓子を作り始めた頃とは全く違う生地感で、幸せを感じます。これなら小麦が食べられなくてもがんばれる!こんなありがたい米粉の登場のおかげで、小麦制限のある生活でも、かなりストレスが軽減されました。

 

合わせた紅茶はHRヒギンズの、DUKE STREETのミルクティーです。この紅茶が本当にお気に入りで。あ、三越の英国展で購入したこの紅茶のこと、まだアップしてなかったですかね。


美味しいティータイム、幸せです。
秋だし、一層ミルクティーが美味しく感じる季節ですよね。


他にもまた新しい紅茶を入手しているので、改めて紅茶ネタをアップしなくては~。

 

 

尾山台に行ったら…オーボンヴュータンのお菓子たち♪

和菓子のアップが続いておりましたが、もちろん洋菓子も食べてます(笑)

尾山台に用事があったので、ならば行かなければならないところ!
それはもちろん、日本におけるフランス菓子の巨匠・河田シェフの「オーボンヴュータン」です。

 

運よくイートインの席もちょうど空いていたので、この季節ならではの、モンブランをいただくことにしました。秋限定ですのでね。

f:id:chocolat12:20171112144425j:plain

クリームがなめらかな、やわらかめのモンブランです。中に生クリーム、さらにその中にテクスチャーかためのマロンクリームが入っていて、3層の違いが感じられます。下の台はアーモンドがたっぷりきいたメレンゲです。

写真だと分かりにくいかもしれませんが、かなり小ぶりです。

ここのケーキは、どれも小さめなので、私は2個くらい軽く食べられるな、って思っちゃっうので、いつもついケーキと焼き菓子を大量に買い込んでしまいます。なのでかえって危険です(笑)

 

それで、帰るとこういう状態になります(-_-;)

f:id:chocolat12:20171112153026j:plain

どんだけお菓子買ってるの~!
まあ、一番下の大きな箱は、贈り物用に買ったドゥミセックなので私は食べませんけど。

 

生菓子と焼き菓子

f:id:chocolat12:20171112153120j:plain

手前の焼き菓子:アマンディーヌ(チェリー アーモンドクリーム)

中央左の生菓子:ボータン(チョコレートとフランボワーズのシブースト)

中央の生菓子:ラ フランス(ビターチョコのムースとフランボワーズのジュレ)

中央右の生菓子:オーボンヴュータン(カスタードクリームと洋梨のコンポート)

奥左の焼き菓子:タルトショコラ(ショコラ生地にガナッシュ

奥右の焼き菓子:ミルリトンダミアン(アプリコット入り)

 

 

そして、プティフール・ドゥミ・セックの詰め合わせ

f:id:chocolat12:20171112153259j:plain

あれだけ生菓子・焼き菓子買ったのに、さらにドゥミセックまで詰め合わせで買う?
でもがまんできなかったんですよね…。こちらは数日間は日持ちするし。そして何よりかわいい!この見た目♪これを見たらがまんできません!これがあれば自宅でアフタヌーンティー気分も味わえます!

 

 

オーボンヴュータンのすばらしさ、それは“フランスの伝統菓子”の博物館かのように、ものすごい種類の地方菓子が並んでいることです。ここまでたくさんの種類があるお店はおそらく他にないでしょう。それが何より楽しくて。

生菓子の種類が多いのももちろんなのですが、ここまで地方の焼き菓子が食べられるお店が日本にある(というか、フランスでもそれぞれの地方に行かないと、1か所にこんなに揃ってないんじゃないだろうか…?)ということが、本当にありがたいです。

 

そして、焼き菓子だけではなく、ボンボンショコラ、パートドフリュイ、ヌガー、キャラメルといったショコラやコンフィズリーまで揃う、フランス菓子のデパートですね。

キャラメルの美味しさも特筆すべきですよね。なめらかで、香り高いので、必ず買ってしまいます。種類もたくさん。

 

こんな風にずらっと並ぶキャラメルたちを目にしたら、買わずにいられるでしょうか。

f:id:chocolat12:20171112155126j:plain

それ以外に、ジャムや、お惣菜まで販売されているのだから、もう、際限なく買い物したくなってしまいます。

 

 

中学・高校生の頃、静岡でお菓子のレシピ本を読み漁っていた私は、東京に「オーボンヴュータン」というお菓子屋さんがあることを知ります。それはそれはおいしそうなお菓子をたくさん作られているお店だという印象で、いつか東京に住むようになったらここのお菓子を食べよう、って心に誓ったものでした。

 

大学に入るときに東京(都内とは何だか言いがたい町田市スタートですが…一応東京都…)に出てきて以来、通算では東京にダントツで一番長く住んでいることになりました。
そして、静岡に住んでいた頃に憧れまくっていたオーボンヴュータンのケーキが、食べたいと思えばいつでも食べられる生活となりました。
そうして手の届かない遠く離れた憧れのお店が、今は生活の一部になるといううれしい状況になりましたが、やっぱり何度訪問してもこのお店のケーキは特別な印象です。

 

日本には、他にもおいしいケーキ屋さんはたっくさんできましたが、私にとっては、やっぱりオーボンヴュータンのお菓子たちはいつまで経っても格別です。

 

尾山台はちょっと遠いので、つい近くの日本橋高島屋のオーボンヴュータンで済ませてしまうこともありますが、こちらはほんとに少しの種類しか販売していないので、やっぱりときどき尾山台まで行かないとですね~。

でも、行くとすぐに買い過ぎて散在するので、気をつけなくては(笑)

 

 

これが一番お気に入り 翠江堂の苺大福

苺大福といえば、私は断然こちらです!

 

翠江堂の苺大福

f:id:chocolat12:20171111222240j:plain

とても上品でやわらかなお餅の中に、こしあんと大きな苺の粒が。

 

中に入っている苺の味わいがすばらしい!季節ごとに一番いい苺を選んで使われているそうです。

f:id:chocolat12:20171111222248j:plain

あれこれ苺大福を食べますが、いまだに、ここの苺大福を超えたことがありません。

 

以前もアップしましたが、苺の大きさが小さめの時には、なんとひとつの大福に苺が2粒入ることがあります(笑)

この2粒の苺大福は衝撃的でした!

chocolat12.hatenablog.com

 

今後、翠江堂の苺大福を超えるお店があるだろうか。

もしあったらぜひ食べてみたいな。

 

 

紅谷に続き 青山・まめの秋の和菓子

本来、「まめ」に和菓子を買いに行こう!と歩いている途中で「紅谷」の存在を思い出し、電話したらまだ豊富に商品がある状況だったので、急遽、2店はしごすることに(笑)

chocolat12.hatenablog.com

 

それで先日、紅谷の和菓子はアップしましたので、今日はまめについて。

以前はこういうものを買いました!

chocolat12.hatenablog.com

 

まめの包装も素敵です。

f:id:chocolat12:20171022220015j:plain

 

前回訪問時に買えなかった、わらび餅を。

f:id:chocolat12:20171022215026j:plain

中にこしあんが入っています。きなこが香ばしくて風味が強く、とてもおいしいです。わらび餅はなめらかな舌触りがいい感じです。

 

そして、季節の和菓子は「栗大福」

f:id:chocolat12:20171022215038j:plain

手前が「まめ」の栗大福、奥が「紅谷」の栗もちです。紅谷の栗もちよりも大ぶりな大福がうれしいですね。こしあんも多めです!

栗そのものの味は、紅谷がよりおいしかったです。

 

この日は和菓子屋さん2軒をはしごしたおかげで、贅沢なティータイムになりました(笑)

↑食べ過ぎ?

でも小麦の制限がある私としては、せめて小麦使わない和菓子は気にせずに食べさせて~!と思っています!

 

(ミニどらは小麦使われてますけど…ってツッコミは聞こえないことにしよう!)

 

 

青山・紅谷のおいしい和菓子たち!

青山に行ったとき、そうだ久しぶりに「まめ」に和菓子買いにに行こう~!と歩き始めましたが、そうだ、「紅谷」もあるよね!と急遽手前で紅谷に電話。

まだおはぎ以外は揃っているというのでいそいそと訪問。おはぎは、予約で「あるだけ全部」と購入された方がいらしたそう。そういわれると、買いたくなりますね。次にはおはぎも買ってみよう!

 

紅谷

f:id:chocolat12:20171021220606j:plain

エレベーターを8Fで降りて、9Fへは階段で。その階段に暖簾があります。

 

秋だったので、栗のお菓子がたくさんあって、どれにするか本当に悩んだ上、3種類のお菓子を買いました。

 

このように素敵に包装してくださいます。和菓子の包装って、なんだか落ち着いていて、心惹かれます。

f:id:chocolat12:20171021220756j:plain

 

栗茶巾

f:id:chocolat12:20171021220811j:plain

栗そのものの味が極上です。栗きんとんだと思って食べ始めたら、中にあんこが入っていました!これまた美味しい!

 

左が、紅谷の「栗もち」そして、右が、まめの「栗大福」

f:id:chocolat12:20171021220821j:plain

左の紅谷の栗もちは、まわりが求肥です。やわらかくてなめらかな求肥。そして栗の粒が大きくて、甘い!

右のまめの栗大福は、大きくてあんこの量が多いです。

断面で見ると紅谷の勝ち!って感じがしちゃいますね。どちらも美味しかったのですが、栗自体の味は、やはり紅谷に軍配があがります。

 

そして、紅谷で人気の「ミニどら」

f:id:chocolat12:20171021220828j:plain

小さくてかわいい!そして小豆のつぶ感がとても好みです。生地もきめ細かくておいしいです。これはまた買いたくなりますね~!小さいので、これで183円となると、コストパフォーマンスは悪いかもしれませんが…。

 

栗蒸しようかんも買いたかったな。
このあと「まめ」にも行く予定だったので、買い過ぎ注意(って言ってもすでに十分買い過ぎてますが…)で、我慢しました。

 

それにしても!

栗茶巾、本当に美味しかった!
まだまだこれから栗菓子を食べると思うけれど、今シーズンの栗菓子で一番ではないか?と早くも予測しております(笑)

また食べたいな~!

紅谷、季節ごと訪問が必要ですね♪

 

beniya-aoyama.jp

林檎様CM曲「おいしい季節」につられ 明治ザ・チョコレート

東京事変の解散ライブでものすごくお気に入りだった曲「おいしい季節」が、この秋、「明治 ザ・チョコレート」のCMソングになりました。
そのおかげで、椎名林檎名義で曲が配信されるという、とてもうれしいことがありました。

f:id:chocolat12:20171019165854j:plain

私にとっては、ほんの数秒のCMですら涙が出てしまう切ない曲。

natalie.mu

まあ、本当は事変名義、もしくは林檎名義だったとしても演奏が事変だったら最高でしたが、それは望んではいけないのですね。

ちなみに、歌詞やミュージシャンクレジットはこちらの林檎のサイトで確認できます。ありがたい。

SR 猫柳本線

 

この曲と、2016年の紅白で披露された「青春の瞬き」は、ともに栗山千明さんに提供された曲なのですが、どちらも東京事変解散ライブ「Bon Voyage 」で歌われ、号泣ものの素晴らしいパフォーマンスだったので、この2曲を聴くと、毎回、事変解散の悲しさが思い起こされ、泣けてしまいます。

 

紅白の時にも同じようなこと書いてますね。↓

chocolat12.hatenablog.com

 

私は林檎様はもちろんだいすきですが、何より、東京事変がさらにだいすきだったので、事変が活動しなくなってしまうことがどうしてもどうしても悲しくて。今でも事変のことを考えると瞬間的に泣けてしまう状況です(T_T)

もちろん、2020年にはなんらかの活動があると信じていますが、あと3年も待つの長いなあ。そして、一時的な活動でなくて、継続的な活動を希望しますが、個々の活動がお忙しいメンバーですし、それは無理なのかなあ…。

 

余談ですが、安室ちゃんファンや、イモトが、安室ちゃん引退で号泣する気持ち、本当によく分かるよ…。私も同じだよ、ってイッテQのイモト見てると思います。

 

…と話はチョコレートに戻しまして。

 

スーパーやコンビニで手に入るチョコは、添加物が多いため普段は全く買いませんが、やはり林檎様がCMされているものとあらば試してみないと…と、原材料表示とにらめっこして、ハイカカオのものであれば添加物が乳化剤のみのものを見つけたので、購入。
フレーバーによって、添加物や私の苦手な植物油脂が入っているものもあるので、注意が必要でした。他のフレーバーも添加物をやめてもらえたら、私ももっといろんな味を楽しめるのにな。その点は残念。

 

 

エレガント・ビター

f:id:chocolat12:20171019165748j:plain

ブラジル・トメアス産のカカオを中心に使用しているそうです。中心に、なので、他の産地のものも入っているわけですね。

 

パッケージ、凝っててかわいいですよね。カカオポッドが描かれていることで、ビーントゥバーだとすぐに印象付けられますね。

f:id:chocolat12:20171019171215j:plain

「1枚で、チョコレートが持つ、様々な味わいや香りを愉しむためのかたちです。」とサイトにあるように、小さいのにモールドの形状がいくつも組まれていて、これまた凝っています。もちろん意識したに違いないでしょうが、まるでミニマルみたいですね(笑)

 

と、いろいろ突っ込みたいこともありますが、いずれにしても、200円台でこのクオリティーはかなり驚きました。明治がBEAN to BARを作る時代になったのか。すごいと思います。


1枚600円とか、1000円とかのハイクラスなタブレットと比較してはいけないかもしれないけれど、このお値段からするとすごいレベルの高さだと思います。逆に、明治が600円のタブレットを作ったらどうなるのだろう?と気になってしまいました。

 

こうして低価格でもおいしいタブレットを食べ、添加物や植物油脂入りのチョコとの違いを感じる人がもっと増えたら、ショコラ好きとしてはうれしいなあと思います。

 

明治、すごい。

そしてスーパーのチョコを買わない私に明治のチョコレートを買わせた林檎の声、さらにすごい(笑)

 

 

銀座の煉瓦亭でメンチカツ

煉瓦亭はのれん分けのお店があり、うちは深川煉瓦亭に行くことが一番多いですが、以前、母と銀座の煉瓦亭に行って以来、レトロな雰囲気を母が気に入ってまた銀座に再訪することに。

 

前回ハンバーグが売り切れで食べられなかったので、今回はハンバーグ!と勇んで訪問したのですが、またこの日もハンバーグが売り切れ…。ランチでかなり出てしまったらしく、早くに売り切れたそうです。ハンバーグが食べたければランチを目指した方がいいようですね。

 

というわけで、今回はメンチカツで。こちらもラスト1つだということでした。

f:id:chocolat12:20171014171005j:plain

木の葉型になっていて、葉脈も描かれています。かわいいですよね。そして大きいです(笑)

 

さくさくの衣をかみしめると、ジューシーなお肉が出てきます。おいしい!

大きいので本当におなかいっぱいになります。

 

こちらのお店は、池波正太郎さんが上カツレツをよく召し上がっていたことで有名ですよね。前回私たちが座ったテーブルが、池波正太郎さんがいつも座られていた2階の窓際のテーブルだったようです。

上カツレツは食べたことがないなあ。洋食屋でカツレツ、なかなか頼まないですけど…無事にハンバーグが食べられたら、そのうち、上カツレツも試してみたいものです!

 

 

郷土菓子研究社のお菓子をオーダー♪

お気に入りの「郷土菓子研究社」のお菓子で、大人気のラム酒たっぷりガトーナンテというものがあるのですが、期間限定でときどきしか販売されません。

 

【ガトーナンテ】 - 郷土菓子研究社

 

今回、ツイッターで販売中なのを知り、慌ててガトーナンテを注文!在庫少なくなっていたところ無事に購入できました~!うれしい!

f:id:chocolat12:20171014180458j:plain

一緒に、だいすきなベサンラドゥもオーダー!

 

chocolat12.hatenablog.com

 

これがうわさのガトーナンテです!

f:id:chocolat12:20171014180816j:plain

 

お気に入りの「DUKE STREET」の紅茶(こちらのこと、詳しくアップしてませんでした…そのうちにします、笑)をミルクティーで。相性ばっちりです!

 

f:id:chocolat12:20171014180829j:plain

うわさに違わず、本当にラム酒がガツンときいています!美味しい~!しっとりしたアーモンドケーキ生地にもたっぷりのラム酒、そして上のアイシングにもラム酒。ラム好きな私にはたまりません。(これでお酒がたっぷり飲めたら本当に楽しいのにな。)
食べるとほわっと体が暖かくなるくらいラム酒です!秋のおやつに最高です。

 

私、お酒を飲むのは非常に弱いのですが、昔からお菓子やショコラにお酒が使われているのがとても好きです。なぜでしょうね(笑)

 

郷土菓子研究社のお菓子、どれもとても美味しいので、ぜひ試してみてください♪

web store - 郷土菓子研究社

手作りグラノーラ ココア味で。

小麦アレルギーで週6日のグルテンフリー生活をしている私としては、グラノーラは強い味方です。

でも市販のグラノーラグルテン類が入っているものもあるし、なにより糖分が多すぎる。甘すぎる。なので、グラノーラはもっぱら手作りです。

 

フライパンに好みのオイルに好みの糖分を加えて加熱したところに、有機のオートミールを入れて混ぜながら焼き、オイルがムラなくオートミールにまわったら、次はオーブンで焼きます。焼けたら好みでローストしたナッツや、ドライフルーツを加えます。
たったこれだけです。

オイルにバニラエクストラクトを入れたり、抹茶もおすすめですが、私はほとんどの場合、有機のココアを加えてほろ苦くしています。

 

オイルはココナッツオイルや、くるみオイル、菜種油を気分で使い分けています。甘味はメープルシロップやはちみつを使うことが多いです。そして甘味の量も、レシピに書いてある4分の1程度に減らしています。

そこに好きなナッツやパンプキンシードをローストしたものや、ドライフルーツを加えています。ドライフルーツに甘味があるので、グラノーラはそれほど甘くなくても全く問題ありません。もしかして今よりもっと減らしてもいいかもしれないです。

 

今回は、くるみオイルにはちみつとココアを加えて焼き、ナッツ類はローストしたくるみとパンプキンシード、ドライフルーツはクランベリーとマンゴーです。

f:id:chocolat12:20171013235216j:plain

くるみオイルとココアの組み合わせ、すごく気に入っています♪
焼きあがるとココアの香りが部屋中に漂って幸せな気分になります。

でもくるみオイルは本来、加工しないで食べた方がいい(熱を加えると酸化しやすい)ので、オイルは自分で納得したものを選ぶ必要がありますね。私はくるみの香りが気に入っているのでつい使っちゃっていますが、当初は加熱しても酸化しにくいココナッツオイルで作っていました。

 

食べるときにはスライスしたバナナを加え、豆乳をかけます。

f:id:chocolat12:20171013235236j:plain

歯ごたえがあるものが好きな私には、ザクザクした食感がたまりません。

 

本当はフルッタフルッタアサイードリンクをかけて食べるのが一番好きだったのですが、私が行くスーパーにフルッタフルッタアサイードリンクの扱いがなくなってしまって、断念…。

まあ、フルッタフルッタアサイードリンクはなかなかお値段も高い(720gで1000円くらい?よく考えるとアルコール並みのお値段ですね…)ので、控えめにしておいた方がいいのかも…(笑)

 

グラノーラは冷凍保存が可能なので、まとめてたくさん作っておいて、冷凍庫に入れておいて、食べる分だけ出してさっと食べられるので、朝食にも手軽です。

 

市販のものは添加物や、植物油脂、ショートニングを使って作られているものも多いので、やっぱり納得した厳選素材で手作りするのが一番だなと思います。

オイルもナッツもドライフルーツも、作る日の気分で味を選べるし、いろんな組み合わせを考えて、どんなグラノーラにするかを決めるのも楽しいです。

簡単なので、手作りがお好きな方にはおすすめです♪
ぜひ試してみてください~!